クロミッド服用中に葉酸サプリは飲んでも大丈夫なのか

クロミッドと葉酸サプリは相性が良い

妊娠を望む方の中には、病院で排卵誘発剤のクロミッドを処方され、飲んでいる人が少なくありません。

 

これは排卵を促し、妊娠率を上げる薬で、生理中に服用すると、卵子を成熟させたり、排卵させる効果のある、卵胞刺激ホルモンや黄体刺激ホルモンをスムーズに分泌できるようになります。

 

これらのホルモン分泌により、排卵が促されると、成熟した質の良い卵子が卵巣から排出されるため、精子と卵子とが結びつきやすくなり、妊娠する確率をアップさせられます。

 

葉酸サプリは胎児の神経管閉鎖障害のリスクを減らせることで知られていますが、妊娠前に飲むと、着床をサポートできるので、妊娠しやすくなります。
クロミッドと葉酸サプリを一緒に飲んでも大丈夫かと気になっている人もありますが、この二つは相性が良いので、安心するようにしてください。

クロミッドと相性が良くないのはプラセンタ

妊娠したい場合に、クロミッドとともに葉酸サプリを飲んでも、体に影響が出ることはありません。
そもそも葉酸サプリは医薬品ではありませんし、服用したことにより、妊娠率が下がったり、胎児に問題があらわれたことはないので、気にせずに飲むようにしてください。

 

ただしプラセンタとの相性は良くないので、クロミッドと併用するのは避けるようにしてください。

 

プラセンタも不妊治療に用いられることが多く、定期的に摂取すれば、卵子を成熟させたり、子宮内膜の増殖に効果があるので、妊娠する確率をアップさせられます。

 

不妊治療に用いる際、クロミッドとプラセンタのどちらか一方を飲むのであれば問題ありませんが、両方を飲むと効果が似ているために、子宮に負担を与えてしまいます。

 

排卵の周期が乱れるなど、妊娠しにくくなる可能性があるので、どちらかに絞って飲むようにしましょう。

葉酸には排卵しやすくする効果がある

クロミッドと葉酸サプリを同時に服用すれば、排卵が促進されるので、相乗効果により妊娠しやすくなります。

 

オランダの医療機関の研究によると、葉酸には卵胞を発育させる効果があることがわかっています。
排卵する際に必要な、卵胞刺激ホルモンや黄体刺激ホルモンの分泌には、成熟した卵胞が必要ですが、葉酸サプリを摂取すれば発育させられるので、排卵が起こりやすくなります。

 

また葉酸は、血液をつくる造血ビタミンで、加齢やストレスなどで発生しやすい活性酸素を取り除き、血流を良くすることも出来ます。
血量が増えて、血液の流れがスムーズになると、酸素や栄養が隅々まで行きわたるので、身体機能が整い、ホルモン分泌も正常となるので排卵しやすくなります。
葉酸には、ノルアドレナリンというストレスのもととなる脳内伝達物質を抑える効果もあるので、気持ちを落ち着かせることが出来ます。
不妊治療でストレスを感じてしまうと、身体機能が低下するため、ホルモン分泌も減少して、排卵しにくくなりますが、葉酸を摂取すれば、それを抑えられます。
不妊治療中はクロミッドと葉酸を併用することをおすすめします。